2017年12月16日

暮らしの中で楽しむ庭:冬のサルスベリ



冬のサルスベリの木をご覧になった事ありますか?

丸くて茶色の小さな実が枝先に付き

冬の庭をとてもやさしい印象にしてくれます。



DSC_2121.jpg


でもあまりいい印象を持たれてない方が多く

とても残念に思います。

私もその一人で昔は枝の付け根に沢山コブが出来、

棒の様に剪定された冬のサルスベリしか見た事がなく

「何でこんな剪定ををするんだろう・・。」と

とても不思議に思ったものでした。


庭の仕事をする様になって自然樹形のサルスベリを沢山見るにつれ

何と魅力的な木なんだろうと思う様になりました。


そんな冬のサルスベリの重たそうになった枝を剪定し、

真由美さんにしつらえてもらいました。




DSC_2130.jpg



す〜ごいカッコ良くてドキドキする程です。




DSC_2135.jpg


この枝振りたまりません。



こんなにダイナミックじゃなくても

庭の花や小枝をちょっと摘みお気に入りの

籠や花瓶にしつらえる楽しさは何とも言えません。



庭のある暮らしやっぱりいいな!と思いながら

ブログに向かっています。


Saita



posted by im garden at 12:53| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。