2017年12月29日

お仕事納め



早いもので今年も残すところ明日と明後日のみとなりました。

店舗や一般のお家の外構・お庭の工事は勿論、

公共工事もさせて頂いている弊社は工務の職人さんを含めると

結構な大世帯になります。

そんな職人さん達も含め昨日は忘年会で大いに盛り上がりました。


思い切り飲んで楽しめる様にとオーナーの配慮で

毎年泊り掛けの忘年会となります。

そんな忘年会では一人一人のお仕事に対する想いが一致し

更なる団結を感じたひと時でした。



そして今年の仕事納めとなります本日。

私の今年最後のお仕事はお隣の徳島県の

先日全ての工事が終了したクリニックさんのお庭に

大きなタブに入ったクリスマスローズのシンプルな

寄せ植えの設置に行って来ました。



DSC_1905.jpg



今丁度クリスマスローズ ニゲル パウロが

満開でそこにミスキャンサスとモスだけを合わせた

シンプルな寄せ植えです。



そしてこちらも・・・。



DSC_1915.jpg

小さな小さなビオラをヒメセキショウとモスだけで

合わせたこちらもシンプルな寄せ植えバスケットです。



今花が可憐に咲いている2つの寄せ植えが

冬のお庭のアクセントになってくれたらいいなっ!と

思っています。



今年も素敵なお客様との出会いがあり

様々なお仕事をさせて頂けた事を

心より感謝しております。

しかしながら←こちらでもお知らせ致しましたが

今I'm Gardenは出産ラッシュで

スタッフが不足しております。

どうか素敵な方とご縁がありご一緒にお仕事を

させて頂く事が出来る事を願っています。

素敵なお仕事をさせて頂くには

やはり素敵な人材が不可欠。

今年の終わりにこんな事を願いつつ

新しい年に更なる希望を託し今年以上に

魅力あるI'm Gardenになれます様に

スタッフ一同努力をしていけたらと思っております。

どうか皆様の健康が守られ素晴らしい新年の幕開けと

なります様願っております。


I'm Garden officeの新年のお仕事は1月5日(金)〜となります。

どうぞ宜しくお願い致します。

今年のご愛顧に感謝しつつ・・・・。


Saita










posted by im garden at 19:07| Comment(0) | 寄せ植え | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年12月26日

「おごそかに迎える新春の寄せ植え教室」を終えて・・・。



クリスマスを終えると気持ちはすぐに

お正月に向かい何となく気忙しい

年の瀬を過ごされているのではないでしょうか。


そんな独特の気忙しさもお正月を大切にしている

日本人ならではの様な気がしています。


お正月を神聖なものとし、そのこしらえを愉しみながら

おごそかな気持ちで新年を迎えるのって素敵だな〜と思いがら

決まったテーマ「おごそかに迎える新春の寄せ植え教室」


皆さん今日の日をとても楽しみにしていて下さったご様子で

和やかな雰囲気の中私達も楽しいひと時を過ごさせて頂きました。



そんな皆様の作品をご紹介いたしますね!






DSC_1874.jpg






DSC_1867.jpg






DSC_1868.jpg






DSC_1869.jpg





DSC_1870.jpg





DSC_1871.jpg





DSC_1872.jpg





DSC_1873.jpg




皆さんの寄せ植えいかがでしょうか・・・。


お正月らしい凛とした素敵な雰囲気の寄せ植えですよね!




そして・・・・

寄せ植え制作後の本日のお茶時間には

京都西陣の和菓子の老舗「塩芳軒」さんの生菓子を

ご用意致しました。



お茶時間始まりの自己紹介の折には

皆さんからI'm Gardenの雰囲気をとても気に入って下さっていると言う

お言葉を頂きとても嬉しく感謝の想いでお伺いしていました。





DSC_1896.jpg




本日もとても素敵な時間を皆様とご一緒出来た事を

心より感謝しております。

年の瀬のお忙しい中ご参加下さった皆様

お疲れさまでした。


今日作られた寄せ植えがどうぞ皆様の元で輝き

癒しとなります様に・・・。


Saita









posted by im garden at 15:49| Comment(0) | 寄せ植え | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年12月16日

暮らしの中で楽しむ庭:冬のサルスベリ



冬のサルスベリの木をご覧になった事ありますか?

丸くて茶色の小さな実が枝先に付き

冬の庭をとてもやさしい印象にしてくれます。



DSC_2121.jpg


でもあまりいい印象を持たれてない方が多く

とても残念に思います。

私もその一人で昔は枝の付け根に沢山コブが出来、

棒の様に剪定された冬のサルスベリしか見た事がなく

「何でこんな剪定ををするんだろう・・。」と

とても不思議に思ったものでした。


庭の仕事をする様になって自然樹形のサルスベリを沢山見るにつれ

何と魅力的な木なんだろうと思う様になりました。


そんな冬のサルスベリの重たそうになった枝を剪定し、

真由美さんにしつらえてもらいました。




DSC_2130.jpg



す〜ごいカッコ良くてドキドキする程です。




DSC_2135.jpg


この枝振りたまりません。



こんなにダイナミックじゃなくても

庭の花や小枝をちょっと摘みお気に入りの

籠や花瓶にしつらえる楽しさは何とも言えません。



庭のある暮らしやっぱりいいな!と思いながら

ブログに向かっています。


Saita



posted by im garden at 12:53| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。